読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

つれづれなるままに、そこはかとなく書きます

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!



※2015/07/08のブログです


ジョジョ読みてえ~


この前すごい大変なことが起きたので書きます

起床 30分寝坊


家を出る


自転車で歩道に乗り上げようしたところ段差が思ったより大きく、また雨で濡れていたため滑って転倒 ひざをすりむきストッキングが大胆に破ける 恥ずかしいし時間もないので急いで起き上がり漕ぎ出す


駅に着く


定期とiPhoneがなくなっていることに気づく


自主休講を決意する

正直転んだ時点でわりと学校行きたくなくなったけどね 右膝血だらけだからね

でも雨の中頑張って自転車漕いだから絶対遅刻したくないと思った

定期と携帯ないのに気づいた瞬間はよっしゃ帰ろう!って思った 結構清々しかった

つづき

転倒した場所に戻るが定期もiPhoneもない 家に置いてきた可能性があると思い家に戻る


家を探すが見つからない もしかしたら親切な人が拾って駅に届けてくれたのではと思いもう一度駅に向かう


行く途中一応転んだ場所を再度確認 なにも落ちていない


駅員さんを尋ねる 落し物は届いていない 近くの交番の場所を聞く


交番に向かう


交番に着く おまわりさんに尋ねるが届いていない 遺失物届けを出す


家に帰る途中、転んだ場所を確認(3回目)


帰宅

さすがに絶望した

まじね みんな自分がどんだけ携帯に頼って生きてるか考えて 携帯落とすと本当焦る

つづき

お父さんに連絡 家の電話を久々に使う


iCloudの「iPhoneを探す」機能を使ってパスコードをかけ、iPhoneがどこにあるか探す

まじでiCloudは神 スバラ

素晴らしいをスバラっていうの自分の中で流行ってる
元ネタはムロツヨシのドラマ

なんの話だっけ

そうだ

つづき

iCloudiPhoneの現在地を確認、どういうわけか落とした場所から一駅分離れたところの河川敷にあるらしいことが判明


河川敷を捜索(お父さん) 見つからない


おまわりさんに電話
おまわりさん 「夕方、河川敷近くの交番の人と一緒に付近の家を尋ねてみてください」


父一度仕事に戻る

「携帯もってませんか?」なんて聞いて民間人同士揉めちゃったら困るので おまわりさんに付き合ってもらって とのこと

いつまで続くのか
つづき

夕方、河川敷近くの交番に行く


携帯の場所が示された地図を見せる
お父さん「この辺の家にあるかもしれないんです……」

おまわりさん「ああ○○さん……行ってみましょうか」


○○さんの家に着く


♪ピーンポーン
おまわりさん「○○さんすみません、」


○○さん「うるせえ俺は警察になんて用はねェんだよ!!!!」

や、やばい人に拾われてた~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いわゆるゴミ屋敷の住人のおじいちゃん

わたしの携帯もおじいちゃんのコレクションにされるところだった

このあと携帯拾いませんでした?って聞いたら女性用のコートが出てくるとかあったんだけど最終的には無事携帯も定期も返ってきました よかった

おじいちゃんiPhoneの操作とか分からないみたいでなんも触られた形跡なかったのもよかった

電話つながるのに誰も出ないってのと雨降ってるからもし外に放置されてたら水没してるはずだってことから、親切じゃない人が拾ったっぽいなって思ってたから返ってきて本当よかったよかった

すっごい長くなっちゃったけど

・自分のiPhoneにパスコードかける
・「このiPhoneは持ち主が紛失したものだから下の番号まで連絡ください ○○○-△△△△」的なメッセージをホーム画面に表示させる
・音鳴らす(マナーモードでも鳴る)
GPSiPhoneの位置を調べる

これ全部パソコンからできるから
iPhoneを探す」機能は神

って話

ていうか超文化系なのにヒザにすり傷あるの結構おもしろい

はい

寝坊はしちゃだめだね………